Pocket

先日友人達と食事した時に、

 

盛り上がった話しの中に生姜の佃煮の話しが出ました。

 

 

友人の一人が

「生姜の佃煮を貰って食べたら、

生姜の辛味が無くて美味しかった。

作り方教えて貰ったよ〜。作ってみらんね!」

 

と言うので、

 

その友人の義母が畑で育てている生姜をもらって、

 

いざ初めての生姜の佃煮作り。

 

 

①まず生姜を洗って皮をこさぐ(むく)

 

②スライスして千切り

この時点で一回目の後悔。

2キロってかなりの量があり、切るだけでも大変!

1キロにしとけば良かった〜 (ー ー;)

大きいボウルに山盛り二杯になった・・・。

友人の「1キロって少ししかないよ。2キロぐらいはしないと!」の助言を信じたけど

うちには多すぎたー。

気をとりなおして

 

③茹でる

しかしここで問題発生!

量が多すぎて、いっぺんに茹でられる大きな鍋がない(^◇^;)

我が家で一番大きい鍋を二つ使って半分づつ 、

8分茹でます。

ザルに上げて水洗いしてまた茹で8分を3回繰り返し

途中で、「あれ今何分?(゚∀゚)」

頭の中がこんがらがった・・。

 

友人とラインしながら同時に作業しました。

「もう切ってしまったと〜?私まだ」

「茹で終わったよ」

「生姜は沸騰したお湯に入れるとよね?」

「茹でるってそう言う事やろ!」

ちょっとマヌケなラインを送りあいながら(^ ^)

最後の仕上げに入ります。

 

 

④分量の醤油、酢、砂糖、酒、椎茸、ちりめんを入れて、

水分が無くなるまで煮る

 

ここまでくれば楽勝ですね。

ホッと一息、コーヒーでも飲みながら煮詰まるのを待ちます。

疲れた〜〜〜〜 (*_*)

 

5時間近く台所に立ちっぱなしだったので、

肩はコリコリ・足はパンパン。もう二度と作らん!!   

 

でも食べてみたら、あら美味しい!

友人が言ってた通り、

 

生姜の辛味が無くて、

 

でも生姜の風味と歯応えのよさがあと引く。

 

これならいくらでも食べられる!

 

早速ご近所さんにお裾分け・・と思ったら

 

人にあげ過ぎて少なくなってしまったので、

 

あと一キロ作ろうかどうしようか、なんて考えてます^_^;

 

もう二度と作らんぞと心の中で言ってごめんなさい。

 

美味しい佃煮教えてくれてありがとう ( ◠‿◠ )

 

結果、食欲の秋に拍車がかかって、

 

最近少し上達した土鍋ご飯も炊きました〜♪( ´θ`)ノ

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

Pocket