Pocket

諫早万灯川まつりが

毎年、7月25日に盛大に執り行われます。

 

 

2017年開催スケジュール

日時:2017年7月25日(火)20:00〜21:00

場所:諫早市高城町・諫早公園本明川流域

お問い合わせ

 諫早市商工観光課 (0957-22―1500)
 諫早商工会議所業務課(0957-22-3323)

 

万灯とは、ろうそくを灯した灯篭のこと。

川沿いに並べられた23,000本というたくさんの万灯

2000発の打ち上げ花火

当時実際にあった場所に眼鏡橋のオブジェのライトアップ

 

この3つが浮かび上がり、

なんとも幻想的な雰囲気です。

 

スポンサードリンク

 

 

 打ち上げ花火は、

諫早の市街地であげられるので

あまり大きなものはありません。

だけど、狭い本明川周辺で開催されているので

花火との距離が近い!

なので玉が小さい割に”どーん!”と体に響く迫力を感じることができます。

 

そんな川まつり、

当日は沢山の見物客が本明川周辺に集まります。

 

普段の静かな諫早の街からは想像もつかないくらい、

「一体どこにこがん沢山人の住んどるとやろか!?」

(約:一体どこにこんなに沢山の人が住んでいるんだろう!?)

と不思議になるくらい

身動きが取れないほどごった返しますよ。

 

 

 河川敷では万灯がボランティアの手で灯され

午後8時サイレンが鳴り響き皆頭を下げて黙とうがあります。

万灯に火を灯し、燃え尽きるまでの約1時間という

日本一短いとも言われるお祭りがはじまります。

 

8:30頃から、2000発の花火が打ち上げられます。

天まで届け!!

ひゅるひゅる〜〜どーーん!!

皆空を見上げ大歓声!

花火を待ちわびた見物客、

むじゃきな子供達 のたのしそうな笑顔がはじけます(^○^)

 

さて、

土曜 日曜 ではなく なぜ7月25日なのか?

それは昭和32年 7月25日に 起きた

忘れられない諫早大水害が発生した日だからです。

 

630名の尊い命が亡くなり

2300所帯が被災されました。

 

諫早万灯川まつりは、

その水害で亡くなった方の慰霊祭なんです。

 

橋の両側に置かれた参拝台で、犠牲になった方の冥福を祈ります。

 

水害など二度と起こりませんように
いつまでも この幸せが続きますように(^ ^)

 

 

諫早万灯川まつりの様子を紹介した動画です。

 

 

ps

ちなみに、水害が発生した日というだけあって

川まつりの日は雨になることがものすごく多く

花火が上がるかどうか

ヒヤヒヤすることも多いです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Pocket